結婚情報サービスの活用(結婚相談所の資料請求お役立ちサイト.net)

結婚情報サービスの活用(結婚相談所の資料請求お役立ちサイト.net)

TOPページ 婚活体験談 > 結婚情報サービスの活用

 

結婚情報サービスの活用

条件重視の向きはこれ!【結婚情報サービス】

結婚情報サービスは、結婚相手紹介サービスとも言われています。

それまでは、結婚紹介所というシステムがあったものの、必ず結婚紹介所に出向かなくてはならず、忙しい人からは敬遠されてきました。

結婚紹介所に行っても、お相手が見つからず無駄足となってしまう時もあったようです。

そこで、後発である結婚情報サービスは、紹介所に行かなくても、郵送でお相手紹介や交際申し込みできるようにした所、大変便利と好評。

以後、様々なサービスを行うまでに発展していくこととなるのです。

では、代表的な結婚情報サービスをいくつかご紹介しましょう。

オーネット

会員数5万人を誇る、会員数ナンバーワンの結婚情報サービス。毎月何人かのデータが送られてくるだけでなく、会員情報誌には全国の会員のデータが掲載されています。自分の条件にあったお相手を探すことができます。

 イベントやパーティにも熱心で、毎月全国各地でイベントが開催されています。

 初期の頃は、郵便を使った、お相手紹介や交際申込を行っていましたが、ネットインフラが普及し始めた頃から、ネットでもお相手紹介や交際申込ができるようになったり、オプションで、結婚相談所のようにお相手の紹介らお見合いのセッティングでお膳立てするコーディネートサービスを始めるなど、企業としては、時代のニーズに合わせて柔軟に対応しているように思います。

ツヴァイ
写真を見るためには、ツヴァイに足を運ばなくてはいけないという欠点があるものの、お互いの理想の接点が多い会員同士が素早く出会えるよう、双方の会員に紹介書を同時に送るという、双方向ベストマッチングシステムを採用しています。

最初に、会員の性格分析を始め、希望条件をより的確に把握するために、専用の書式上で趣味や考え方、結婚への理想などについて、詳しく尋ね、会員の条件に適合する候補者の選択と、候補者側の要望をその会員がどの程度満たしているかを判断するのが、この双方向ベストマッチングシステムです。
 オーネット同様、色々と思考を凝らしたパーティを開催しており、パーティで出会った人の中からお相手を選ぶことも可能です。

サンマリエ

結婚情報サービスを始めて27年(2008年現在)という会社。

スタンダード、再婚者向け、中年向け、23才以下の若者向けといったサービス上の区分けがあり、その人に合ったサポート体制で悩める男女を強力にバックアップしてくれます。

パーティやイベントも開催しており、どちらかというと、内容の濃さはオーネットに近いものがあります。サンマリエのホームページには、各支店のブログが紹介されており、アットホームな印象を受けます。

------この他にも、マリックス(結婚情報比較netにて一括資料請求可能)、JMS、茜会といった様々な結婚情報サービスが存在します。
また、高学歴・高収入の男性を望む女性の声に応えた、俗にいうVIP向け結婚情報サービスというのもあります。

 さて、結婚情報サービスをどのように選べばよいでしょうか。

懐具合にもよるので一概に言えませんが、会社の福利厚生の一環として、ツヴァイなど一部の結婚情報サービスと提携しているケースがあります。

その場合、通常価格ではなく、団体割引価格で入会できるため、勤め先の会社と提携している結婚情報サービスがあれば、そちらに入会するのが賢い方法と言えます。

 また、ネットなどで、どのような形態のサービスを行っているか紹介していますから、自分のライフスタイルに合っているかも重要です。

 日頃から忙しい人は、郵送やネット、携帯などで交際申し込みができる所がお勧めです。
 イベントなどを通してお相手をお探しになりたいのであれば、オーネットなどイベントを盛んに行っている所がいいですね。

まずは、情報収集から始めましょう。

img0050.jpg

no1.gif オーネット
楽天グループの結婚相談所。簡単な診断が出来る結婚チャンステストも人気。

no2.gif エキサイト恋愛結婚
ネットポータルの大手エキサイトが運営するネット型結婚相談所。5周年記念として女性は完全無料、男性も初月無料で利用できるキャンペーンを行っています!

「ネット完結型」はエキサイト恋愛結婚e-お見合いユーブライドブライダルネットマッチ・ドットコムOmiai pairs(ペアーズ)などのようにメールや紹介システムなどを通じてやり取りをしていくものです。

Omiai

ページトップへ↑